探偵業界への入り口

104797

探偵の世界は、完全に結果至上主義の世界のため、時には合法的範疇の
限界ギリギリをプロセスとして踏みながら結果を導き出さなければ、
生き残ることはできない。

そのため、徹底的な研究と結果至上主義のもと、調査による証拠の獲得を
常にしなければならない。

他社ではできなかった調査、失敗してしまった難解な調査でも、確実な結果を
出さなければならない。

それを支えているのは、専門教育を受けた若い調査スタッフ達だ。

調査員は、元ニートであったり、社会経験の無い者、他社の探偵調査スタッフ
など様々であるが、専門教育を受けることにより、本物の探偵となって、
調査の一翼を担っています。

普通、何かのトラブルが起きたら、友達や家族など身近な人に相談するだろう。

それでもダメなら、警察や弁護士に相談するのが通常です。

それでも解決されずに、「どこに相談したらいいんだ!」となった時、
探偵に依頼しに行く人がほとんどだ。

だからこそ探偵は、本人では解決できなかった依頼に対する強い責任感と
使命感を持っている。

社会環境の変化や経済の悪化は次々と新しいトラブルを生み出し、
探偵調査による証拠へのニーズが拡大しています。

そして、この需要を満足させる供給が間に合わないのが現実です。

つまり、的確でスピーディーな調査をできる探偵が、恒常的に求められているのだ。

もしも、あなたが「探偵になりたい!」と思うなら、あなたを一人前の探偵にする
用意ができている。

次に依頼人に救いの手を差し伸べるのは、あなたかもしれない。

探偵事務所選びに悩まれているいる方には、響・Agentをお勧めする。

弁護士法人と連携しており、裁判用の報告資料作成にも特化しているので、
色々と勉強になるだろう。

響・Agentとリッツ探偵事務所を比較しているサイトがあるので、
ぜひ参考にしてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする